フェルール端子トップページ


知っていますか?DIN規格が改定されています

フェルール端子の規格であるDIN 46228-4: 1990-09の規格は、DIN 46228-4: 2020-03に置き換えられています。

それは銅管素材の過度な硬度により規定値を満たさない引張強度の発生が確認されたことに起因します。

DIN 46228-4: 2020-03では、それらが正しいものに定義されています。

現在使用しているフェルール端子は、どちらの規格を満たしてますか?確認したことはありますか?

 

接続部の信頼度を高めるために、DIN 46228-4: 2020-03適合製品を推奨します

インターケーブルの絶縁フェルール端子は、新しく改定されたDIN規格 46228-4:2020-03の仕様を満たします。

ドイツで製造し、正確に管理された工程で製造される銅管素材は、引張強度と最大硬度の規格値を満たし、

安全な性能を提供します。


フェルール端子ラインアップ

   製品名クリックすると詳細ページへ移動します


プッシュイン端子台への接続

2本の導体を接続する

フェルール端子の短絡防止対策

裸フェルール端子



ダウンロード
フェルール端子資料
リーフレット_Intercable_フェルール端子_ver.3.pdf
PDFファイル 1.2 MB
ダウンロード
フェルール端子圧着工具資料
リーフレット_Intercable_フェルール端子用圧着工具ver1.pdf
PDFファイル 1.5 MB


フェルール端子の接続性能を最大限に高める『アイクリンプ』

を知っていますか?インターケーブル社はアイクリンプ圧着工具

世界で唯一製造供給、コンパクトで信頼度の高い圧着を提供します